てぃあら★ぶる

こども3人の親で漫画が大好き。 自分の好きな作品をコツコツレビューしていきますw

2021年06月

前回、偶然倉田と出くわしたヒカル。
彼からアキラの話を聞いたヒカルの心は焦り、ヒカルは倉田に一局打ってほしいと頼みます。

その頼みを受け入れた倉田。
しかし彼がヒカルに提案したのは、白一色の一色碁でー?!

感想です☆




sai vs toya koyo~第120局 「一色碁」





※以下、ネタバレあり※






続きを読む

前回、saiとの関連を疑う緒方の手からどうにか逃げることのできたヒカル。
しかし塔矢の引退の意志は揺るがず、しばらくはプロ囲碁界も騒がしいままのようです・・。

そんな中、自身の残り時間を感じ取り運命を憂う佐為。
彼は本当にこのまま消えてしまうのでしょうかー?!

感想です☆




sai vs toya koyo~第119局 「力試し」






※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、塔矢との対局に勝利した佐為。
しかしその喜びも束の間、佐為はヒカルのなかの真価に気付き、自身の残りの時間が動き始めたことを感じ取ります。

そんな中、saiとヒカルの関連を疑う緒方は、ヒカルにsaiと対局させてくれーと頼みます!
ヒカルはどう対応するのでしょうかー?!

感想です☆




sai vs toya koyo~第118局 「追及」






※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、ヨセからの流れを読み、自身の負けを認めて投了した塔矢。
勝負は佐為の勝利に終わりました。

しかし2人の対局を見ていたヒカルは、2人が気付かなかった塔矢が勝てる道を見出していました。
そのことに驚き、自身がヒカルと出会った意味を知る佐為。

様々なものをもたらした一局。その余波はいかにー?!

感想です☆





sai vs toya koyo~第117局 「発覚」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、saiとヒカルの関連を疑うアキラと緒方。
そんな中塔矢もまた、新初段シリーズのときのヒカルにsaiの面影を見ますー!

そして終局に近づいたその時、佐為の渾身の一手が炸裂。
一気に形勢の変わるなか、勝利を掴むのはどちらとなるのでしょうかー?!

感想です☆





sai vs toya koyo~第115局 「千年の答」





※以下、ネタバレあり※






続きを読む

前回、終局に近づく佐為と塔矢の対局。
そんな中、緒方もまた2人の対局に気が付きます。

そしてアキラは佐為と塔矢の対局が予め組まれたものだと気づき、そこにヒカルの関連を見出します。
再びヒカルとsaiの関連が問われることとなるのでしょうかー?!

いよいよ決着でしょうか!
感想です☆





sai vs toya koyo~第115局 「sai vs toya koyo④」





※以下、ネタバレあり※




続きを読む

今回から、14巻です!

前回、塔矢の優勢となった対局。
皆が見守るなか、佐為はここから巻き返しをはかることができるのでしょうかー。

そして2人の対局に気付いたアキラ。
彼はこの対局にヒカルが関わっていることに、辿り着くこととなるのでしょうか?!

感想です☆





sai vs toya koyo~第114局 「sai vs toya koyo③」






※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、初手から激しい緊張感のなか対局を始めた佐為と塔矢。
saiの復活と相手が塔矢だということで、ネット界は俄かに盛り上がります!

そんな中、saiの実力を認めた塔矢。
彼は自分が勝ったら、saiに名を明かしてもらおうと決意しますー!!

いよいよ勝負に出た佐為。
対局の行方はー?!

感想です☆





プロ第一戦~第113局 「sai vs toya koyo②」






※以下、ネタバレあり※






続きを読む

前回、ついに始まった佐為と塔矢の対局。
初手から気迫あふれる2人の手に、勝負を間近で見ているヒカルは思わず震えます。

佐為と塔矢の因縁の一局は、どんな展開を迎えるのか。そしてそれを見るヒカルはどう感じるのでしょうかー。

感想です☆




プロ第一戦~第112局 「sai vs toya koyo①」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、対局に向けて互いに気持ちを高め合う佐為と塔矢。

出会った時から同じ志を持つ者とし、塔矢に魅かれてきた佐為。
そんな2人の運命の一局が、いよいよ幕を開けます!

そこに佐為の求める神の一手は生まれるのでしょうか?!

感想です☆




プロ第一戦~第111局 「sai再び」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

↑このページのトップヘ