てぃあら★ぶる

こども3人の親で漫画が大好き。 自分の好きな作品をコツコツレビューしていきますw

2021年07月

前回、プロ棋士として手合いに復帰したヒカル。
彼は以前若獅子戦で当たった村上との対局に臨みます。

その会場には、アキラの姿も。
そして2人には、ついに再戦のチャンスが巡ってきたのですー。


ヒカルが動き出し、アキラも動き出しました!
再戦、絶対に見逃せない勝負が始まります!!

感想です☆





なつかしい笑顔~第142局 「走り出した2人」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、囲碁を打つことで佐為と一緒に戦えることに気付いたヒカル。
彼は囲碁をもう一度始めることを決意します。

そしてそのことをライバルであるアキラに告げに行った彼を、アキラもまた迎え入れますー!

ついにヒカル、復帰の時です!!

感想です☆




なつかしい笑顔~第141局 「復帰初戦」






※以下、ネタバレあり※





続きを読む

今回から、17巻です!

前回、1年前の禍根を晴らすために対局をしたヒカルと伊角。
ヒカルはその対局の中で、自身の中に佐為が生きていることに気が付きますー。

ようやく佐為の居場所を見つけたヒカル。
彼はこれを機に、プロ棋士としての復活を果たすことができるのでしょうかー?!

感想です☆





なつかしい笑顔~第140局 「決心」






※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、伊角の訪問に戸惑うヒカル。
そこで彼はアキラの進捗を聞き、どんどん前に進んでいくライバルの姿に驚きます。

その様子に、囲碁への情熱が消えた訳ではないと見た伊角。
彼は1年前の禍根を振り払うために、ヒカルに対局をしてくれと頼みますー!

果たしてヒカルは、その申し出を受けるのでしょうか?!

感想です☆





中国棋院~第139局 「この一局から」





※以下、ネタバレあり※






続きを読む

前回、3年生にとっては最後の大会に臨んだあかりたち。
ヒカルはその姿を見て囲碁を打ちたくなるものの、佐為のことを思いその気持ちを押し込めます・・。

そんな中、日本へ帰ってきた伊角。
彼は週刊碁を読んで、ヒカルがずっと不戦敗を続けていることを知りますー!

伊角はこのことを知り、何か動きを見せるのでしょうか?!

感想です☆




中国棋院~第138局 「訪問者」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、不戦敗を続けるヒカル。
周りの人間は彼の状況を心配しますが、ヒカルは打ちたい気持ちはあっても、佐為のことを思いその手を引っ込めてしまいます・・。

ヒカルはこのままプロ棋士を辞めてしまうのでしょうか?!
不戦敗が続き、決断の時が迫られています・・。

感想です☆




中国棋院~第137局 「最後の大会」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、楽平との再戦に勝ち、心のコントロールを少しずつ覚えていった伊角。
彼は自信をもって、プロ試験に臨める手ごたえをこの中国遠征で得て、日本へ帰りますー。

一方、佐為が消えてからずっと囲碁から離れているヒカル。
彼はついにプロ棋士を辞める決意をします・・。

このままヒカルは囲碁を辞めてしまうのでしょうかー?!

感想です☆





中国棋院~第136局 「不戦敗、不戦敗・・」






※以下、ネタバレあり※






続きを読む

前回、楊海に感情のコントロール方法を身に着けるように指摘された伊角。
思いかけない指摘に目の前の曇りが開けた伊角は、そこから躍進を始めますー。

そしてやってきた楽平との雪辱戦。
伊角は彼に勝ち、楽平を改心させることができるのでしょうかー?!

感想です☆




中国棋院~第135局 「伊角VS楽平」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、プロ試験が始まるまで中国棋院で自分を鍛えようと決意した伊角。
彼は楊海という棋士の部屋に転がり込みます。

しかしそこで楽平に負けたことを聞いた楊海は、急に厳しい態度に。
そして伊角に、今から打とうと迫りましたー。

伊角はこのまま中国で勉強することができるのでしょうか?!

感想です☆




中国棋院~第314局 「楊海の助言」





※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、年下の楽平に負けたことで、自身を失いかける伊角。
彼は中国棋院に滞在する棋士たちの熱心さと強さに打たれ、自分の立ち位置を見失いかけます・・。

このまま伊角は惨めな思いで中国を後にするのか、それとも挽回し自信をつけて日本へ戻るのかー。
伊角の動向が注目されます!

感想です☆




中国棋院~第133局 「試される伊角」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

↑このページのトップヘ