前回、碁会所に通い特訓を積むヒカル。
その一方で、アキラは囲碁のイベントにプロ棋士として参加しました。

そこでスポンサーを勝たせるための囲碁を打たなければならなくなったアキラ。
果たして彼はどのような対応を見せるのでしょうかー?!

感想です☆




本戦開始~第72局 「4人」





※以下、ネタバレあり※









◎あらすじ◎

囲碁のイベント。
アキラとスポンサーとの対局は続いていた。

時々ルール違反をする議員に嫌気を感じながらも、アキラはせわしなく思考を働かせる。
この人とは15目差、この人とは10目差・・。

その真剣な表情に気付いた若い秘書は、首を傾げる。
この真剣な顔は何だ?たかが指導碁なのに・・。

彼は、アキラの目が特に自分との盤面において厳しくなることにも気づいていた。
これは恐らく自分との対局に真剣になっている。手加減無しの目だ!!
秘書は、アキラは議員は勝たせても自分たちには勝つつもりなのだーと考える。

そして他の秘書2人には簡単に勝てても、自分にはそうは行かないと踏んでいる。だから真剣な眼差しを向けてくるのだろうー。
そう推測した彼は、だったら是が非でも勝って悔しがらせてやる、と名人の息子相手に気を張るのだった。

ーその光景を、主催者の男たちはハラハラした様子で見守っていた。
彼らは指導碁でアキラが議員に勝ってしまうのではないか、と気が気じゃなかったのだ。

若いうちは好き嫌いで勝負を進めたりするから・・。
そう心配しながらも、彼らもまた仕事があるので対局をずっと見守ることはできないのだった。

そんな中ー
アキラは終盤に入り、石を置くスピードを加速させていく。

ーセメドリにして、2目詰めさせる。
ーこっちは逆先手で4目。
彼は若い秘書の方も見やり、終局までの手は読み切ったーと少し安堵する。

とはいっても、なかなか思惑通り行くものでもない。
相手が打つ度、アキラは頭を巡らせて調整をした。
地の数を随時数えながらー。

そうしている内に、まずは若い秘書との対局が終わりを迎えた。
秘書は地の数を、戸惑いながら数える。
これは・・勝ってる?いや、負けてるのか?

アキラは他の3人を引き続き相手しているので、秘書が整地を行う。
白63目、黒63目・・
彼は目を見開いた。

持碁かーーー!!


同刻ー
ヒカルも初めて持碁を成功させ、喜んでいるところだった。

盤面を見た老人たちは、ヒカルを褒める。
だが店主だけは、プロなら100回やって100回成功するようなことだよ、と笑顔ながらも容赦ない。

そこでヒカルは早速、2面打ちにも挑戦することにした。
2人になれば、頭の中でする計算は2人分になる。3人になれば、3人分・・。

それはなかなか難しい挑戦だったが、ヒカルも佐為(さい)もワクワクを押さえきれないでいた。
彼は休む間もなく、まずは2面打ち持碁に臨むのだったー。


その頃ー
若い秘書との持碁が明らかになったので、アキラは検討を始めようとしていた。

その間にも残りの3人が石を置けば、彼は速やかに次の手を返していく。
その様子を眺め検討を聞きながらも、秘書は満更でもない笑みを浮かべた。

他の3人は楽勝だろうが、自分には勝ち損なったな・・。
だがそう思っていた彼は、アキラの表情が変わらず固いことに気付き、違和感を覚える。
楽な戦いのはずなのに、なぜだ・・?

その時、少し前に対局を終えていた老年の秘書の1人が、整地を終えて声をあげた。
持碁だ!惜しかったなー!!

その言葉に、若い秘書は眉を上げる。
アキラが検討をしている姿を見ながら、彼は頬を汗が流れるのを感じた。

また・・持碁?




















持碁。


今回はアキラとヒカルが別の場で、持碁に挑んだ話でした。

ヒカルの吸収ぶりもスゴいけど、アキラの4面打ちには目を見張りましたね。
さすがアキラというか、どこまでも貪欲というか・・。
彼の才能の底知れなさを改めて感じました。ヒカルがなかなか追いつけないのも納得ですよ・・。

まさかあのイベントの場で、4面持碁を行うとはw
アキラのメンタルの強さには本当に驚かされます。
後で怒られないといいんだけど・・(^^;)

でもあのアキラでも、4面持碁はなかなかキツそうですね。
そりゃそうか、相手は皆実力も違うんだもんなー・・。その中で最適解を見つけて、尚且つ相手も誘導しないといけないとなると、普通に勝つよりも難しいものでしょう。
イベントを少しでも自分の糧になるよう、研鑽を積むのを怠らないアキラの姿勢はスゴいですね・・。

こういう面があるからこそ、今の連勝にもつながっているのでしょう。
アキラの更なる飛躍が楽しみになった回でした!
そしてそこにヒカルが加わったら、アキラの成長がどれほど加速するかー
その可能性にも触れられた気がして、嬉しかったです。

もうすぐヒカルもプロ試験本選。
勝ち上がって、正式にアキラのライバルとして名乗りを上げてほしいですね。
この2人なら、どこまでも成長し続けられるー!!
そう思わせてくれる良回でした(^^)


それにしても、プロって多面打ちは当たり前だし、解説しながらも別の盤で対局したりしないといけないんですね・・。
改めて仕事の幅が広くて、感心させられます。。

これはプロになっても、成長する機会いっぱいで楽しみですね。
いやでもヒカルは、まずは目上の人に対する敬意の表し方を学ばないとかw









さて、次回はアキラの4面打ちの結果が出る回ですね。

2面持碁には成功したアキラ。
残り2面も、無事持碁にすることができるのでしょうかー?

そして・・心配なのは、イベント側に怒られないかということ(^^;)
アキラの無事を祈りたいと思いますw


次回も楽しみです☆