前回、両親にも妊娠の報告をし、いよいよ出産への覚悟を決める富士子と花園。
しかしその情報が、スポーツ新聞の記者にバレてしまいます。

オリンピック代表とも目される富士子のスキャンダルは、大騒ぎになるだろうー。
松田の警告に、柔たちはどう対応するのでしょうか?!

感想です☆





あたしのチャンピオン~第238話 「犯人みたい」






※以下、ネタバレあり※












◎あらすじ◎

翌日ー
富士子(ふじこ)妊娠のニュースは、瞬く間に日本中に広がった。

富士子のアパートにも猪熊(いのくま)邸にも西海大にも、マスコミが詰めかける。
そんな中ー富士子は柔(やわら)の元に身を潜めていた。

マスコミ対応は、滋悟郎(じごろう)が買って出てくれている。
しかし皆に迷惑をかけてしまった・・と、富士子は激しく落ち込むのだった。

そして落ち込んでいるのは、富士子だけではなかった。
松田(まつだ)にスクープのことを知らされ一緒に逃げている花園(はなぞの)もまた、自分が起こした一連の問題にがっくりと肩を落とす・・。

松田にも頭を下げ続ける彼の姿を見て、松田は一喝する。
そして今後どうするかを相談するのだった。

すると花園は、富士子は今頃マスコミに囲まれて困っているだろう・・と立ち上がる。
自分が男として、富士子を守らなければー!!
彼は止める松田を無視して、猪熊邸に向かうことにするのだった。


同刻ー
マスコミは相変わらず猪熊邸を囲み、中継を行っていた。
いまだ姿を見せない富士子には、批判の声が高まっていく;・・。

それを見ていた富士子は、そこに花園の姿が映り込んだことに気づく。
富士子を守るために暴れている彼を見て、富士子は急いで飛び出した。

そのことに柔が気付いたときには、2人はすでにマスコミに四方から囲まれてしまっていた。
富士子と花園が何を言っても、マスコミは質問の手を緩めない。
そこに柔と松田も加わったことで、事態は更に混乱を極めてしまうー。

大事な人たちを傷つけたくないー!
溜まらず富士子は大声を上げ、マスコミの動きを止めさせる。
そして彼女は一呼吸つくと、まずは自分たちの未熟さを謝った。

その上で彼女は、それでも妊娠したことは喜ばしいことだ、と語る。
自分たちが愛し合っているからこそ、子供ができたのだからー。

そう言った彼女は、きっと前を向く。
だから今度は出産と子育てで一本勝ちします!!
そして柔のような強い子に、子供を育てるのだ・・。

彼女の力強い言葉に柔たちは感動し、マスコミはそれ以上何も言えなくなってしまう。
かくして妊娠騒ぎはだんだん収束していき、富士子たちの絆はこのことでますます深まっていったのだった・・。




















マスコミショック。

今回は妊娠のことがスクープされ、富士子がマスコミに追われることになった回でした。

いやー、大変な騒ぎでしたね。
やっぱり若いスポーツ選手のできちゃったというのは、良いネタになるんでしょうね。マスコミの執念を感じ、恐ろしかったです。

あんなのにずっと囲まれていたら、心を病んじゃいますよね。
いちかばちかの際どい局面だったとは思いますが、しっかり意見を伝えたことで早くに事態が収束して本当に良かったです。
これで安心して過ごすことができますね。

富士子の言葉には、母親になる強さが既に現れていましたね。
恥ずかしがることもなく、理解してもらえるように率直な言葉で気持ちを伝えるーその努力があったから、今回皆に理解されたのだと思います。

妊娠と出産でも一本!いい言葉ですね(^^)
富士子ならできる!2人の子供が見られるのが、楽しみでなりません。
滋悟郎や祐天寺もきっと可愛がるんだろうな笑

それに今回はバルセロナオリンピックは無理でしょうが、彼女は柔道を辞める訳ではありません。
きっと子育てが落ち着いてきたら復帰して、再び柔道界をにぎわせてくれるでしょう。
だから才能の損失だとか、悲観的になる必要はないのではないでしょうか。

その時その時で、大事なものも局面も変わる。
でもそれを乗り越えていけば、必ずもっと人は強くたくましくなれると思います。

そういう意味では富士子の今回の挑戦も、きっと柔道の糧にもなります。
守るものができてもっと強くなる富士子の活躍を、今は楽しみに待ちましょう。

改めて富士子、花園、おめでとう。
10か月なんてあっというまですよ。2人で過ごす時間を、今は大事に楽しく過ごしてください(^^)










さて、次回は富士子の代わりに柔が柔道で頑張る回でしょうか。

柔のように強い子に育てたいー。
今回富士子の口から出た言葉ですが、素敵な友情ですよね。柔の心にも、きっと大きく響いたと思います。
だからこそ富士子不在の柔道界を、柔は今後支えていかなければなりませんね。また富士子と一緒に戦う未来のためにー。


いよいよバルセロナオリンピックの選考も始まるでしょうし、まだまだ柔道界からは目が離せませんね!
次回も楽しみです☆